机を自作してみた~番外編 愛すべき相棒たちの巻

どーも、机編をざっと終わらせましたが、

今回はこのときに使用したツールについて、サラッと紹介したい今里生野です。

f:id:imazatoikuno:20180312133536p:plain

 

これがあれば鬼に金棒?
『ブラック&デッカー 18Vリチウム マルチツールプラス EVO183P1』

これ一台で「インパクトドライバー」、「ドリルドライバー」、「丸ノコ」、「サンダー」がパッケージされています。※厳密にはヘッドを交換する。

DIY初心者マストバイアイテムであることは間違いございません。これで大体のことができますので。

「丸ノコの歯が小さい」「ヘッドの交換が面倒」などデメリット?マイナスポイントありますが、5点満点中4点にのせてくると思いますよ!

 ちなみに実際にはこちらの「ジグソーヘッド」も追加購入しております。

 

穴あけ、切断、研磨はコレ一台で!
『ブラック&デッカー 作業台ワークメイト WM225』

制作するにあたり、何かしら作業がしやすい高さがほしいな~

と思い、昔の職場にあった作業台(かなり大きく、高さもベスト)をイメージしておりましたが、そんなものを新居に、部屋に導入できるわけもないのですし、自分で馬を作ることは当時発想もしなかったので、ネットで色々見てポチッたのがコレ。

高さが二段階調節可(細かい微調整は不可の「ガチャン!」形式)で、固定できるバイス(万力)がある。これをベースにカスタムできそうなポテンシャル。

ネックとしては、折り畳んだ状態が思ってた以上に大きい&重い。でも、それって作業スペースの確保であり、安定感がある、というメリットにも繋がっている。

 

可能性が無限に広がる?
『リョービ トリマTR-51』

今回の作業では「反り防止材」を取り付けるための溝を彫るだけ、だったのですが…
はっきり言って、無理して購入してよかった一品です。

これがあれば、後々で出てくる?色々なDIYが可能となってきます。

釘打ちや穴あけ、接着だけだった選択肢が一気に増え、可能性を広げ、クオリティを上げてくれるツールです。

購入するまでは、本当に必要かな?と悩み倒しましたが、コレは悩んだ価値ありです。

買って得る満足感もハンパないです(笑)

 

それ以外では、クランプが一気に増えました。

普通のクランプは、量が大切だと思います。

ですので、近所のホームセンターやAmazon(送料無料の)で安いのを大量に用意したほうが良いと思います。

以上、私の愛すべき相棒(ツール)達の紹介でした!

 

 

 

 

 

…と言いつつ、今は上記の相棒たちから一気に増えまして、

サンダーは単独のサンダーがあり、

丸ノコも通常の単体ものがあり、

ドリルドライバーもマキタのものがあり、

結局、ツールも種類や数があれば、取り替えるための時間も短縮でき、作業効率も上がるのです。

  

そして、ツールを収集したい気持ちもグングン上がってきます(笑)

 

それでは、また次回!