台湾旅行記4~金車噶瑪蘭威士忌酒廠探訪

どーも、三角飛びa.k.a今里生野です!

4回目の台湾旅行記です!!

今回は旅メインのお話でがす!

台湾二日目の天気はもちろん…雨!

もう今回は諦めました(笑)


旅のメインディッシュ、その名は…噶瑪蘭

台湾に行く。

そう決めた日からそれだけが目標になりました。

「金車噶瑪蘭威士忌酒廠」=「カバランウイスキー蒸留所」

に行ってやる!

ファミリー連れであろうが、

奥さんに嫌な顔されようが、

雨が降っていようが、

絶対にカバランウイスキーができるまでを拝んでやる!

ということで、奥さんだけではなく、

息子たちからも嫌な顔されても、気にせず

いざ、台北の南東に位置する宜蘭(Yilan/イーラン)県へ。


宜蘭まで行く方法は、二通り

元々は初日に蒸留所に行く案もありましたが、

いかんせん遠いので、しっかりと余裕も持って

二日目の蒸留所探訪となったわけですが、

交通手段を当日まで悩んでました。

宜蘭までは、バスor電車が基本です。

旅行まで、蒸留所を訪れた人のブログなどで、

情報収集をしていましたが、ほぼ皆さんバスです。

バイパスみたいなものが通ったそうで、

以前に比べてアクセスが良くなったそうで、公式発表が40~50分で着くそう。

そして、運賃も安い。

でも、バスの中は飲み食い禁止。

台湾はMRTでも飲食禁止なので、そういう文化?

そうだとすると、息子たちにはキツイかな~と。

電車をチョイスしたのですが、

アクセス方法が台北駅から台湾鉄道に乗って、海岸線沿いを

走っていき、特急で1時間半程度。

後で知ったのですが、どうもこの台湾鉄道の特急券は

中々の倍率で、当日ゲットできる確立はかなり低いそうです。

たしかに当日駅で、特急券の買い方、イマイチ把握できず

改札内に入ってから、誘導員?警備員?みたいなお兄さんに

片言の英語で聞いたら、切符売り場まで一緒に連れて行ってくれて、

券売機で特急券を買ってくれました!

本当に優しい人多いぞ、台湾!

 

ということで、いざ外国の鉄道へ!

別に鉄っちゃんではないが、興奮するな~

詳細は知らんので、ご自分で。

台鉄の特急。

海岸線を通り抜け、変わる異国の景色を堪能する。

なんてことを想像してみましたが、よくよく考えると雨でした。

海見えても、曇ってるし、大してキレイではない。

あ~本当、天気って大きいですね~

そうそう、台湾鉄道で一番驚いたのは、

車内販売が押してるカートにそのまま置かれたダンボール。

商品はそこから出してました。

こういうところが大雑把でよろしいです。

そんなこんなで、宜蘭駅着。

駅から、タクシーで20分程度で蒸留所です。

蒸留所探訪に興奮する私と冷ややかな視線

カバランウイスキーは、本場スコットランドの専門家も絶賛したウイスキーです。

ウイスキー作りには、冷涼な土地が適しているとされているのに、

亜熱帯の北部、宜蘭で作られたウイスキーはとにかく華やかで

飲みやすいウイスキーです。

私も一、二度飲んだことがあるだけですが、非常にまとまった

ウイスキー初めての人でも、オススメできるウイスキーだな、と思っていました。

日本でウイスキー雑誌といえば「Whisky Galore」です。

そのガロアでも、一度「カバラン蒸留所」を取り上げており、

その設備規模の大きさや近代化された施設、

常に見学できることを想定した、システムなどを見て、

いつかは行ってみたいと考えていました。

 

そんな熱いクダリを書くには訳があります。

そう、それは私以外誰も望んでいない蒸留所探訪。

奥さん曰く「どうせ散財するんだろう」

息子たち曰く「お酒飲むのパパだけじゃん」

そんなことを散々言われましたが、鉄のメンタルで実行した探訪。

 

とにかくスゴイのひと言です。

日本の蒸留所は、山崎や白州、軽井沢と宮田村マルス蒸留所、秩父蒸留所しか

行ったことありませんが、圧倒的な規模にビックリです!

そして、こんな天気の中でも結構なゲスト数。

こんな蒸留所は初めてや~

あ~海外の蒸留所も初めてや~

本場スコットランドにも行ってみたい~

と連想ゲームをしたことは言うまでもありません。

なお、蒸留所で一番驚いたは、熟成している樽が「縦置き」だったことです。

広大な敷地。芝生に飛び込みたい。

順路もディスプレイもしっかりしている!

「金車噶瑪蘭威士忌酒廠」=「カバランウイスキー蒸留所」!

 

ということで、探訪最後のメインディッシュ「試飲」ですが、

こちらもシステム化されており、時間が決まっています。

ただ、昼メシを抜いてきてしまったため、色々悩みましたが、

今回試飲はせずに、お土産をしっかり買い、蒸留所を後にしました。

 

ちなみに、昼食は息子たちのリクエストで「マクドナルド」!

台湾に来てまでか!!

辛い、辛すぎるよ!

とにかく辛かった台湾マクドナルド。春節仕様?

 

なんだかダンジョンの入口に見える。

雨の宜蘭駅。

この宜蘭駅、何か可愛らしい駅舎で、帰国して調べてみると、

宜蘭出身の絵本作家ジミー・リャオの作品だそうです。

詳しいことは、こちらにお任せしましょう!

www.travel.co.jp

 

ということで、台北へ戻るのですが、帰りはバスにしました!

どうせ、息子たちは寝るだろう、と予想したファインプレーです。

バスはいくつかの会社で何本も出ているため、苦もなく乗車できます。

ただ、台北駅着だと思っていたら、何でかかなり離れた台北101近所の

市政府(Taipei City Hall/シーチェンフー)駅へと連行されていきました…

しっかりと行き先を確認しておくことが重要だと思いました(笑)


火鍋と思いきや

そんなこんなで台北に戻り、一旦ホテルへ。

この後の予定は、夕飯をどうするか?

ということですが、毎回近所のMRTまで歩く道中、

通り沿いに「火鍋」の店が多く並びます。

モノは知っていましたが、今まで食べたことなかった

私たち夫婦の心は既に一致。

ということで、その前に腹を空かせるために、お土産を買いに行くことに。

徒歩圏内で、色々動きまわり怪しい店に遭遇しながら、

ばら撒き用の土産をゲット。

いざ、火鍋へ!

ということで、ホテル最寄の2件のどちらか。

こういう決定権は奥さんに譲渡しますので、任せます。

で、注文の方法が良くわからず「火鍋」と思ってオーダーしたのがコレ。

豚肉のすき焼きってあるのね。

ほぼすき焼き。豚肉の。



まあ、そんなこんなであいかわらずドタバタ、目的を達成できない
台湾旅行二日目が無事終了となりました。

さぁ、明日は息子たちのメインディッシュ、台北市立動物園だ!

それでは、アディオス!