台湾旅行記1 〜出発前夜?

どーも~三角飛びの今里生野です!

 

さー今回から最低でも?3回くらいに分けて

先日の台湾旅行について、書いて行きたいと思います。

 

旅行好きの一家

 

我が家は基本的に旅行好きです。

奥さんとの新婚旅行は、フランス~スペイン~アイルランド周遊でした。

その後も、タイや韓国、ハワイなどの海外はもちろん、

九州は福岡、鹿児島、四国は高知や愛媛、近場では新潟、石川など。

 

子供が生まれてからも、里帰りやパパ不在での奥さん一家との旅行など、

基本的に落ち着きのない一家なほうです。たぶん。

 

いざ台湾! でもその前に

 

ということで、以前から興味のあった台湾行きを決定したのが

昨年末(2017年)。

新年を迎え、そろそろ準備をしましょうYO

というところで、事件勃発。

 

長男のパスパートの有効期限が切れている!

 

(この時点ではそこまで危機感はなし)

あ~これは更新申請ですね~

と、必要書類を集めるべく、役場へ。

 

ここで一気に窮地へと追い込まれます。

 

「本籍が長野県ではないため、戸籍謄本は取り寄せになります」

 

役場特有の血の気のないテンプレセリフです。

 

この時点で、更新して新しいパスポートが手元に届くのが、

結構ギリギリのタイミング。

とにかく、どーする??

奥さんと相談するも、頭にはうっすらと

「東京まで取りに行くか

 

なんで本籍が東京に?

 

そもそもなんで長野在住のくせに東京に本籍があるかというと。

入籍した時に、本籍が変わるということで、

どうせなら、東京が本籍の方がおもろい!

というなんの考えもない、思いつきで本籍を変えたのが、

そのままだったんです。

その時点で長野に移住することも一切想像していませんでした。

 

ということで、本籍を移したいという気持ちになりましたが、

現時点での一番の問題は、パスポートが間に合わなければ、

どうするのか?この時点であるアイデアは以下の通り。

  1. 長男には留守番してもらう
  2. 台湾旅行を延期する
  3. 東京に戸籍謄本取りに行く

 

いざ東京へ

 

  1. もちろん許されません。長男に一生恨まれる。
  2. リアリティあるかと思いましたが、今からキャンセルすると一人辺り15,000円弱のキャンセル料が発生。4人分で60,000
  3. パパ(私)一人が東京に行って、謄本ゲットして日帰りしても、ざっくり10,000円ちょっとの出費だけOK

選択肢などありません。ちょうどお休みですし。

そんなわけ役場からダイレクトに新幹線の停まる駅へ。

日帰りなので、持ち物も特になく、本当にそのまま姿で東京へ。

ちなみに本籍が「東京都大田区」。

大田区の役場は、蒲田駅すぐ。

ガタンゴトンと揺られ、駅から出たのは、

蒲田駅から大田区役所までの間、およそ300m

(発行時間含めて)時間にして、およそ30分。

 

そのまま帰途へ。

予定にない日帰り出張は本当に体力を奪われます。

 

そんなこんなでなんとか申請にもギリギリ間に合いそう。

ドタバタスタートで出発前から何かありそうな気配です。

 

ということで、今日はここまで!

まさか台湾にも行けないで、1回目のブログが終わるとは